店長のこだわり

 

昔は「子犬は近くのペットショップで買うもの」というのが一般的でした 
1960年では犬が190万頭だったのが 現在では1087万頭に増え 猫も974万頭飼育されています
取扱業者に対する「動物の愛護及び管理に関する法律」も規制や管理が年々厳しくなっております
欧米並みにペットショップでは販売できなくなる日もそう遠くは無いと思います。

子犬を飼った経験が無く、初めての子犬購入される場合「誰でもまったく知らない」のが当たり前です
家族が増える つまりは命を譲り受けるのですから 様々な知識を持って ご検討 判断して頂きたいのです
お店で買う場合もブリーダーさんから直接購入する場合でも、当然 信頼できる所であって欲しいですね。
一般の方でも信頼できるかどうかを見分けるチェックポイントを書きましたので参考にして下さい。


仔犬は信頼できる所で譲り受けましょう
清潔で良い環境で飼育された母親から生まれた仔犬か確かめてください

子犬の見学だけで良くても一応「両親も見学はできるんですか?」と聞いてみてください
「大丈夫です」と言われるブリーダー様なら少なくても不良ブリーダーではないと思います
自家繁殖なのに「両親の見学は出来ません」と言われた場合は、他のブリーダーを探して下さい。

両親を見学したら 父親と母親の名前も聞かせてもらうのが良いでしょう 子犬の本当の親犬と違う犬を連れてきたり オークションで仕入れてきているにもかかわらず 自家繁殖と言って販売しているお店はいくらでもあります   
血統書の繁殖者の名前も オーナーの名前でなく違う方の名前なら 自家繁殖ではないと思って良いでしょう

母親父親をいつもきれいな状態にしたり 犬舎を清潔にする 環境のケアには沢山の手間 労力が必要です
「利益追求の為だけに子犬を売る」事しか考えていないブリーダーであれば、それらの費用をかけないためとてもお客に見学などさせられないからです。
犬舎も見学可能の所であれば犬も犬舎も清潔で、良い環境であることに自信があると思って間違いありません
母犬に無理な繁殖をさせて病気になっていないか 元気で人馴れしているか等 確かめてみてください
「50日前にお渡ししますよ」というようなブリーダーは オークション(せり市)を利用しているブリーダーの可能性が高いです。生後45日でも十分なワクチネーション出来ていません
最低でも50日はブリーダーの下で飼育するのが良いと思います

 

雑誌やネット情報は間違いだらけ 専門書から正しい知識を習得しましょう

雑誌やネットの情報は玉石混交だと考えましょう 間違った知識 偏った情報 個人の経験談が検証されることも無くまことしやかに掲載されているのをよく目にします
有名な大学病院の獣医師の見解でも真逆の説や 認識の違う事だらけです 聞きかじりの情報を鵜呑みするのは危険です
犬の飼育が初めての初心者ように書かれた入門書よりは 専門書を それも出来れば複数 参考にされるのが良いと思います 又、お店のホームページ等からどんどん質問するのもよいと思います
そのブリーダーさんの知識や経験値の差がはっきりと現れます 質問の回答が解りやすく説明されているのを読むと その方の人間性までも垣間見ることが出来るかも知れません


ヨークシャテリアは40年以上 ベスト5に入る人気犬種です


ヨークシャー・テリアは約40年以上 登録件数 ほぼベスト5に入っています。

日本では 犬の人気犬種がめまぐるしく移り変わっていく事を ほとんどの方が理解されていると思います
なぜ ヨークシャテリアだけ こんなにも永く 多くの方に支持されているのでしょうか?
米ケンネルクラブ(American Kennel Club)が2009年国内で登録されている犬種の上位を発表しました                       1位ラブラドール 2位シェパード 3位ヨークシャーテリア 4位ゴールデン 5位ビーグルでした。

日本の犬種別犬籍登録頭数でも 
ヨーキーは1975年から2005年迄 総合で5位です 
04年4位 05年4位 06年4位 07年4位 08年5位 09年5位
(社団法人 ジャパンケネルクラブ資料より)http://www.jkc.or.jp/modules/publicdata/index.php

勿論本場イギリスでもヨーキーの人気は根強いです
40年以上 登録件数がベスト5に入り続けている犬種は数ある中で ヨークシャテリアしかいません
何頭か飼育経験をお持ちのお客様は「色々飼ったけれどヨーキーが一番いい」とおっしゃるお客様が本当に
多いことに驚かされます 

その理由は・・・!? 何故だか解りますか?
犬の中で一番小さいサイズの犬がチワワであることは 誰もが知っていると思います
では、2番目に小さいサイズの犬と言って 直ぐに思い浮かぶでしょうか?
実は ヨークシャー・テリアで チワワに次ぐ2番目に小さい犬種なんです

私がヨーキーに魅了されたのも、1.5kgから2.5kgと小型犬である事があると思います
又飼ってみるとシングルコートで毛の手入れが楽な事も大きかったです
ヨークシャー・テリアの毛は シングルコートなので ほとんど抜ける事はありません。

通常 犬の毛は ダブルコートと言われて 太く 硬く 癖のないオーバーコートと細く 柔らかく カールされた癖のあるアンダーコートの2種類の毛に覆われています。

ヨークシャー・テリアのスタンダードやショーの写真をご覧になられれば ご理解いただけると思いますが
床に着くくらい長く伸ばされた フルコートでも 人間の女性の髪の毛のように毛量が無いことに気付かれると思います  つまり 柔らかい綿毛のアンダーコートが極めて少ないのです

自然界の動物の多くは 夏の終わりから アンダーコートを蓄えて行き 冬の寒さに対応していきます
又 春になると 不要となったアンダーコートを6月くらいまで ドンドン抜けていきます

多くのお客様が ペットの抜け毛を気にされていますし、事実フレンチブルドックやパグ スムースチワワなど短毛犬でも 一年中オーバーコートが抜け続ける犬種もあります

永年にわたりヨークシャー・テリアの販売をしてまいりました 
多くの犬種を飼育された ご経験が有る方で 尚且つ その中にヨークシャー・テリアを飼われたお客様は 
異口同音 決まって同じことをおっしゃられます

「色んな犬種を飼ってみたけどやっぱりヨークシャー・テリアが良いです」
「ヨークシャー・テリアは毛のお手入れがとても楽だった」etc・・・・

でもやはり一番大きな声は「ヨークシャー・テリアは甘えん坊で ひとなつっこく おとなしい性格だった」が圧倒的に多いご意見です

前回、飼育されたワンちゃんで 無駄吠えやお手入れ 性格で悩まされたお客様は  是非 ヨークシャー・テリアを飼育された事のある方に お聞きしてみられてはいかがでしょうか

子犬の社会化期

子犬には社会化期というとても大事な時期があるので しっかりと認識して頂きたいと思います
諸説ありますが一般的には3~14週齢(生後3~4ヶ月まで)の時期をさします。
子犬が成長するにつれて怖がる、吼える、噛むなどの様々な問題行動を起こす原因の一つとして、
この社会化期の学習不足が考えられます。

「大きくなると価格が下がるから」「病気のリスクが減るから」「飼いやすいから」とおっしゃるお客様がおられます 本当にシャイな子はプロの訓練士が訓練しても難しいです
安易に考えて半年くらいケージの中だけで過ごし育った子犬を購入すると しつけに手を焼くことがあるのでご注意下さい


なぜ欧米のペットショップでは仔犬の販売が法律で禁止されているかご存知ですか!?

社会化期の子犬は好奇心が旺盛で色々なことを学び吸収します。
この時期を過ぎると次第に警戒心が強くなってきますので、
この社会化期にどれだけ多くのことを経験し上手に取り込むことができるかが、これから飼い主様と愛犬との長い関係に大きく影響します。
社会化期に視覚、聴覚、嗅覚、触覚などを使い、様々な体験することで柔軟性と適応力を持った犬になることができます。
その体験を子犬にとって楽しいものにしてあげる事が出来ないと 以後それを避けるようになったり、
攻撃的になったりする事もあります。もしも学習出来ていない場合は、時間をかけじっくりと慣らしていくことが必要です。

ペット量販店やオークションで仕入れをして販売しているお店では 
子犬達が24時間 展示ショーケースに閉じ込められています
ハミングバードでは2カ月近くまで 母親と接触させて 抗体のある母乳を与え1日2~3回 1時間程度 室内ドッグランで 親犬や兄弟犬とのふれあいさせ  社会化期の学習を行っています
ほとんどのお客様が 大きさやお顔等にこだわりを持たれていますが
幼児期の社会化期はその後の性格形成に大きく関わってきます
欧米のペットショップではそれがある為に法律で規制を掛けているのです


欧米では日本のようにケージに入れて売っている店は ほぼありません。

ヨーロッパのほとんどの国やアメリカの多くの州では 
ペットショップでの犬の販売が法的に禁止されているからです。
犬が欲しいと思えば、ブリーダーの所へ行って、直接購入します。
犬を必要な人が 欲しい犬がどこにあるかを探して そこへ行き譲り受けるのが 欧米では常識なのです。

劣悪な環境で健康が守られない親犬たちからも 沢山の子犬が産まれてきています
お金になれば病気の犬を産ませても良いと言う ブリーダーが絶えない事も 残念ながら多く存在しています
沢山の中から 選びたいと言う 消費者の方々にも ご一考頂けますと幸いです 

私がブリーディングを始めたきっかけは
もしも私が子犬を探すなら 心地よい時間と空間の中で はつらつとはしゃいでいる両親から生まれた
きらきらと輝いた子犬を求めるだろうと思ったからです

彼らがドッグランで仲間達と自由に はしゃぎ回り 遊び  優しい風に吹かれながらスヤスヤお昼寝している姿を見ていると本当に幸せを感じます。
1日のほとんどをドッグランで のんびり のびのびと  ストレスの少ない生活を送れるよう心がけています

又 お客様から この子がウチに来てから「家が明るくなった」「家族の会話が増えた」と お声を頂戴することがございます
信頼され2頭目も選ばれる お友達もご紹介いただける

お客様一人ひとりに心からご満足いただけた時  ブリーダーをやってて良かった 幸せだと感じる瞬間です

子犬との信頼関係

飼い主様は家族の中で、子犬との信頼関係を築き リーダーシップを発揮しなくてはなりません。
食事は飼い主様の食事が終わってから与える 就寝や留守番は必ずケージで等などお家でのルールを決める
マテ オスワリなど共通の指示語全員が統一する事によって認識しやすくなります

トレーニングはとにかくほめる事です 褒めることによって信頼関係や愛情が格段に成長します
飼い主といることが嬉しく 不安が減少し問題行動の原因が無くなっていきます

お渡し時期
 
「小さい可愛いうちに欲しい」とおっしゃるお客様は多いです
子犬は、親兄弟と一緒に遊びながら犬社会のルールを覚えます
社会化期を充分過ごせず、体力的にもひ弱な時期にお渡しするのは
50日からで かなり飼育経験が豊富な方だけに限定させていただいております
ハミングバードでは生後47日以降にワクチンを打ち  57日をめどにお渡しさせていただいております

他の犬からの病原菌の持込の恐れがあるので 見学前の1週間以上は他の犬舎  ショップなどに立ち寄らずご来店ください
現在飼育されているペットを、お連れすることもおやめ下さい
獣医師によるセミナーで「成犬はウイルスだらけです」と言う事お話をされていました
子犬の時期に通常3回 成犬になってからも 毎年ワクチンを接種します

ワクチンは 少量のウイルスを身体に入れて わざと病気にさせます
その結果 身体の中に抗体を作り 本当のウイルスに感染しても 抗体によって病気の発生を防ぎます

成犬は 元気なように見えていますが ウイルスを何度も接種しているため  全てウイルスだらけであると言う認識が必要です

その為 子犬は2度目 3度目のワクチンを済ませるまでは お散歩や
他の犬と接触させないようにと 獣医師は言われます
成犬を触ってから 子犬を触る場合 石鹸で手を洗ってから触りなさい
と言う先生も居られます

ご見学は必ず ご予約いただけます様お願いいたします

仔犬販売についてのお願い

多くのお客様が 飼育出来る環境を整えられて やっとの想いで仔犬を向かい入れています
普通のブリーダーであれば、極力欠点のない子犬をお譲りしようと相応の苦労をしていると思います
丹精込めて仔犬から育てても繁殖に適していないと思えば里親にもらって頂きます
ブリーダーの仕事は365日休みがありません 2~3日徹夜が続くこともあります

大切に育てて頂ける方に 良心的な価格で お譲りする為 最大限の努力をしています

全国の平均的なヨーキー専門犬舎の価格から見れば 当店では かなり良心的な価格にてお譲りしております
「とにかく安く買いたいお客様」「しつこく値段交渉をされるお客様」「サービスを強要されるお客様」  「高圧的な言動のお客様」「ペット保険にご加入頂けないお客様」には基本的にお譲り致しておりません


当店で産れた仔は 遺伝疾患等の健康面 衛生面や飼育環境面においても  長年培った技術や知識を基に 時間と手間をかけ大切に育てております
特別な思い入れがあり、素敵なオーナー様の家族になることを願っております。
故に対価をお支払いたくないとお考えのお客様には お譲りいたしません

ニックネームや、チャット用語、友達相手のメール文  あまりにも相場を無視した希望価格の方へのご返信も致しません

ブリーダーの前に愛犬家として、素敵なオーナー様にお届けしたいと願っています

ご理解賜ります様 よろしくお願いいたします

万全のサポート
お引き渡し後のしつけや飼い方等に関するご相談には、メールまたは電話にて受け付けています
初めてで ご心配な方でも、全くご心配無用です。返信メールはその日のうちに対応させていただいています。
店長の携帯 080-5718-5704までワン切りいただきましたら素早く折り返しお電話かけさせていただきます


ヨークシャーテリアの理想型

頭部は比較的小さく やや丸みを帯びて頭頂は平で程良い幅がある。ストップ(両眼の間のくぼみ)ははっきりしており 鼻筋はまっすぐで マズル(鼻と口・口吻)はあまり長くない。歯は白く硬く、噛み合わせはシーザスバイト(ハサミのかみ合わせ)上の切歯の内側に下の切歯の外側がわずかに接するか レベルバイト(並行かみ合わせ)上下の切歯の端と端とが きっちり噛み合う。目の大きさは中位の大きさで 突き出してる事はなく 暗色に輝き、知的な表情を見せている。目の縁は黒。耳は小さく三角で、付け根の位置が高く直立し両耳の間はあまり離れすぎていない。首は引き締まっていて やや長く誇らしげに高く保つ。胴体の背は短く水平 腰は筋肉に富み幅広く 胸底はほどよく深く、あばらがよく張って、腹はよく引き締まっている。尾は適当な長さに断尾され歩行の時は背中の先よりやや高く上がる。四肢は前肢はまっすぐで、指はできるだけ丸みのあるのが良い。パッド(足裏の膨らみ)は弾力的で爪は黒い。後肢のスタイフル(膝)とホック(かかと)は、程よい角度に曲がっており、指・パッド・爪は前肢とほぼ同じ位置である

胴体の毛は ほどよく長く完全にまっすぐ
艶があり良質の絹糸のような毛質である
胴体の毛色はダーク・スチール・ブール(暗鋼青色)で シルバー・グレー(銀灰色)では無い
スチール・ブルーとはシルバーがかかったブルーではなく フォーン(金色がかった茶色)やブロンズ(全体が暗色で毛先がやや赤みをおびた毛色) 黒の毛色が混入してはならない
胸の毛色は鮮やかに輝くタン(黄褐色 濃いものをリッチタン 薄いものをライトタンと言う)。すべてのタンの部分の毛は 中央部よりも根本がより濃色で、
先端のタンはより明るく 陰りを持つ。頭部の飾り間は鮮やかなゴールデンがかったタンで
頭の両脇と耳の付け根 マスクでは一段と色が濃くなり 耳は濃く鮮やかなタンだが、
タンの毛は首の後ろまで及んではならない。四肢は明るい鮮やかなタンで前肢はひじの
上方、後肢はスタイフル(膝関節)の上方にまでそれが及んではならない。またタンの中にすすけた色が混入していてはならない。


ヨークシャテリアには2種類のタイプの違う毛質があります。
本来のヨーキーの毛質は色はダーク・スチール・ブルー(シルバー・ブルーではない)
はオクシパットから尾の付け根まであり、フォーン、ブロンズ又はダークな毛と混ざることは決してない。胸の毛色は鮮やかな光沢のあるタンである。タンは根元の部分が濃く、毛先に行くに従い、明るめの色調です

しかしスタンダード(基準・標準・理想)からは外れますが いわゆるウーリーヘアーと呼ばれる
細くカールした毛質の子がいます 本来のヨーキーの体の色は黒ではありません 太陽の光に照らしてみると青い毛色です 
しかしウーリーヘアーの子は黒く シルキーヘアー(絹糸)の様に年齢とともに薄く変わって行く事はありません
ウーリーのもう一つの特徴として お顔のタンの色がとても濃いと言う特徴を持っています
スタンダードからは外れますが ウーリーヘアーのヨーキーに対するお客様にニーズは
とても多く 「背中の色が薄くならない子」「お顔のタンが濃い子がほしい」と声をよく聞きます
スタンダードを崩すことは 我々ブリーダーが一番してはならない事と言う認識を持っています

しかし、ここ十数年出産頭数のナンバーワンはミックス犬です
購入を希望されるお客様のニーズが 時代とともに移り変わって来ている以上 我々ブリーダーも
お客様のニーズを無視することも出来ないと感じています

ですので ハミングバードではウーリーヘアーのヨーキーも 繁殖させて行こうと考えています

犬の十戒


私の寿命は、10年。長ければ15年。

何があっても最後まで、あなたのそばにおいてもらえますか。

私を飼う前に、どうかそのことをよく考えてください。

あなたが私に望んでいることを、ちゃんと分かるようになるまで

少し時間をください。

私を信頼して下さい……それが何より嬉しいのです。

私のことをずっと叱り続けたり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。

あなたには仕事や楽しみもあるし、友達もいるけれど

私には….あなたしかいないのです。

時には私に話しかけて下さい。

たとえ、あなたの話す言葉はわからなくても、

あなたの声を聞けば、私に何を言ってくれているのか、分かるのです。

私のことをいつもどんな風に扱っているか、考えてみてください。

あなたがしてくれたことを、私は決して忘れません。

私を叩く前に思い出して下さい。

私には、あなたの手の骨など簡単に噛み砕ける歯があるけれど、

決してあなたを噛まないようにしているということを。

言うことをきかないとか、手におえないとか、怠け者だと叱る前に

そうさせてしまった原因が無かったか、思い起こしてください。

ちゃんとした食事をさせてもらっていたでしょうか

太陽が照りつけている中に、長い間放っておかれたことはなかったでしょうか

老いた私の心臓が弱っているせいで、動けないのかもしれません。

私が年老いても、どうか世話をして下さい。

私達はお互いに、同じように歳をとるのです。

最期のお別れの時には、どうか私のそばにいてください。

「つらくて見ていられない」とか「立ち会いたくない」とか

そんなこと、言わないでほしい。

あなたがそばにいてくれるなら、

私は、どんなことも安らかに受け入れます。

そして、どうぞ忘れないで。

私がいつまでも

あなたを愛していることを。



作者不詳